JWIND TOKIO

INTRODUCTION
事業概要 風力発電のしくみ リンク/お問い合わせ

はじめに
画像提供:東京都環境局

本事業は、東京都が地球温暖化防止対策の一環として、臨海部に風力発電施設を設置し、都民や事業者の視覚に訴え、また風力発電に関する様々な情報を提供することにより、自然エネルギーの利用促進」を図ることを目的として実施するリーティングプロジェクトであり、電源開発(株)・豊田通商(株)グループが実施事業者として公募選定されました。また本事業は、東京都と民間企業とによる初の協働事業であり、電源開発(株)・豊田通商(株)は(株)ジェイウインド東京※を設立して風力発電施設の建設・運転管理の実施主体とし、土地使用料および固定資産税の減免等、東京都からの支援施策を受けて事業開始しました。
これにより、東京都臨海部で初、また大都市近傍としては世界初の本格的風力発電所が誕生しました。
※(平成22年2月、豊田通商(株)の持分株式譲渡により、電源開発(株)100%)
※(平成23年4月、株式会社ジェイウインドへ社名変更)


東京臨海風力発電所
発電所概要 風力発電設備(2基)
所在地 「東京湾中央防波堤内側埋立地」
事業期間 20年間
発電所出力 1,700kW
風車発電機 VESTAS社製 850kW×2基
年平均風速 約5.4m/s(40m高)[設備利用率 約16%]
年間発生電力量 約250万kWh
[一般家庭約800世帯分の年間消費電力量に相当]
年間二酸化炭素
排出削減効果
1700t-CO2
受電会社 東京電力(株)に全量売電
事業開始 2003年3月
機   種 V52-850kW
製 造 者 ヴェスタス社(デンマーク)


種 類 プロペラ型アップウィンド式
出 力 850kW(定格風速16m/s)
回転数 14.0〜31.4rpm(可変速)
ロータ
(組んだ羽根)
諸元
直径 52m
ブレード(羽根)枚数3枚
取付高 44m
カットイン風速 4m/s
カットアウト風速 25m/s


種 類 三相巻線型誘導発電機
容 量 895kVA
電 圧 690V
周波数 50Hz